投資用マンションで失敗したくない

資産形成が叫ばれる中、投資マンションによる不動産投資も活況を帯びていますが成功する人だけでなく失敗する方もいます。

そこで本記事では「投資マンションで失敗する原因と理由」について解説します。

先に結論!

・投資マンションを購入する前に目的を固める
・目的があいまいだと失敗する
・目的を成功させるためのシミュレーションを設計


何のために投資マンションを購入するのか?目的によって選ぶマンションが異なります。投資マンションは大きなお金が動きますので、大きな失敗を防ぐためにも必ず事前に「投資目的」を明確にしてください。

投資マンションで失敗する1番の原因

投資マンション運用で失敗する1番の理由は「投資運用としての目的が明確ではないためにミスマッチな投資マンションを購入してしまう」ことにあります。

1
目的(ゴール設定)が無い

節税・副収入・年金対策など、投資の目的は人それぞれ異なるので全員同じ目的にはならない。

2
失敗や成功の基準が無い

目的が無いと失敗・成功の基準が設定できないので適切な投資マンションを選ぶことができない。

3
ミスマッチな物件を選んでしまう

投資マンションを選べない=誤った物件を選んでしまうことで不動産投資が失敗してしまう。

投資目的は人それぞれ異なる

\ 目的によって異なる例 /

 

  • 副収入が欲しい人でも人によって必要な額は異なる
  • 老後の資産形成目的と節税目的では購入物件が異なる
  • 遊ばせている土地を不動産投資活用したい人と土地なしの人では用意する金額や目的も異なる

 

など。

投資マンションによる不動産運用を始める理由、費やせるお金、達成したい時期は人それぞれ。金額・用途が異なる以上、すべての人が一律に同じ方法で不動産投資を行うことはできません。

よって、その人の目的に合わせた運用方針を設計しないとゴールに辿り着けず投資マンションを購入しても失敗に終わります。

avatar
REIBOX編集部
同じ投資マンション購入でも目的に応じて選択肢は全く異なります。ご自身の目的(ゴール)から逆算して投資マンションを購入する必要があるので、必ず投資目的を先に設定してください。

部分的な問題で判断してはいけない

Q
ワンルームマンション投資が悪いのか?
A

ワンルームマンション投資が悪いわけではありません。一棟マンションと比べれば得られる利幅は少ないものの、初期投資額は少なく始めやすい・副収入・年金のプラスαを作って無理のない老後の生活をしたい、などが目的なら適しています。

Q
場所や物件、利回りが悪いとダメなのか?
A

良いに越したことはありませんが、そもそも場所や物件、利回りの良い悪いはその人の目的によります。自分の目的に沿ったキャッシュフローが見込めるならそれが正解です。

Q
売却(出口戦略)が無いと悪いのか?
A

売却せずに持ち続けるのも選択肢となるため、売却が出来ないから必ずしも悪いとは言えません。

ワンルームマンションだから~、利回りが●%なので~、などはあくまで部分的な問題。それを理由にマンション投資が上手くいかないと嘆く人は本質的には間違っています。

ワンルームマンションでも利回りが何%でも、その人の目的に達成する投資物件であれば成功となります。そのため、繰り返しになりますが必ず「目的」を設定してください。

投資マンションで失敗しないために

  • 目的の設定
  • 撤退ライン・失敗の定義
  • シミュレーション
  • プロに相談

目的の設定

副収入が欲しい、節税したい、相続税対策をしたい、時期(いつまでに資産構築したい?)、など投資マンションを購入する目的を設定してください。設定した目的を達成することが=アナタにとっての成功の定義となります。

ゴールから逆算した投資マンション運用を検討しないと必ず失敗します。

失敗の定義

これ以上は資金的に耐えられない(後戻りが出来ない)と言える撤退ラインを設定します。撤退ラインが設定できないと不動産投資だけの話ではなく、自分の人生として取り返しのつかない大きな失敗にも影響しかねません。

シミュレーション

予め目的に対して失敗を防ぐシミュレーションを何パターンも用意します。適切なエリア選定、金利が上がった場合、家賃が下がった場合、周辺環境が変わった場合、退去者が出た場合、など。

投資マンションを運営する上で起こりうるトラブル(破損、滞納など)・変化(金利、周辺環境など)・支払い内容(修繕費・管理費・税金、など)を踏まえた上で事前シミュレーションを行うことで、いざトラブルが起こったときの対策、およびトラブルのリスクヘッジとなります。

avatar
REIBOX編集部
どこまで攻めるか?撤退ラインは?が定まらなければ最終的にプラスになるキャッシュフローを組むことができません。目的ありきで投資物件を選定してください。

プロに相談

目的に合わせたエリア選定・投資マンション調査・シミュレーション・返済計画・物件購入後の運用、入居者対策など、自分ですべてを調整するのが難しいと感じるならプロ(不動産投資会社)へ相談してみましょう。

目的や予算をもって相談すれば多くの提案をしてくれます。

まとめ

投資は自己責任。そのため、他の方が上手くいったから、進められたから、という自分の目的とは関係ない理由で始めるにはあまりに危険です。

しかしながら自分の目的をもって設計された投資は将来の資産形成に大きく役立つ手段となります。繰り返しになりますが「あなたの目的」に合うかどうか?の観点から投資マンション活用を検討して下さい。

あわせて読みたいマンション投資の記事