リノベーションの会社として知られている不動産投資のインテリックス。不動産投資の新しい形として「アセットシェアリング」事業を始めたことで注目されています。

本記事では「インテリックスが手がけるアセットシェアリングの評判はどうか?」についてお伝えします。

先に結論

・共同経営スタイル
・手離れが良いので本業持ちの方向け(サラリーマン・公務員)
・少額投資が可能
・金銭的なリスクが少ないがリターンも少ない(ローリスクローリターン)
・第2の生活費レベルの収入源としては一般的な不動産投資の方が見込みが良い

※なお、共同経営ではなく自分だけの資産として不動産物件を保有した不動産投資を行いたい方は下記をご参照ください。

小口投資で評判のアセットシェアリング

インテリックスのアセットシェアリング
アセットシェアリング

アセットシェアリングとは?

実物不動産を小口化することにより1口100万円単位で所有できる不動産小口化商品、それがアセットシェアリングです。

資産の相続・贈与、資産運用、資産組み換えを考える方にとって扱いやすい不動産を小口化することで、自己資金が少なくても不動産投資を始められる投資スタイルとなっています。また、長期にわたって続く賃貸収益をシェアしながらリスクもシェアすることになるので、安全な資産運用が可能。

avatar
REIBOX編集部
少額でも高品質な物件を所有することになるので、お子さん・お孫さんへ受け継がれるよう長く活用できる資産運用が可能なことがアセットシェアリングの最大の魅力と言えるでしょう。

アセットシェアリングのスキーム

  • アセットシェアリングの投資は1口100万円からの出資で開始可能
  • 投資した物件に対して各オーナーが共同所有
  • インテリックスが組合の理事長
  • 管理費や修繕積立金などの支出は組合で一括支払い
  • オーナーの持分に応じて収入から支出を差し引いた金額が手元に残る

購入後の集金、クレーム対応、長期修繕計画といった管理業務はオーナーではなく組合のインテリックスが全て行ってくれるので、オーナー側に工数がかからず安定収入を得られるのが最大の利点。

「仕事で時間がない」「不動産投資で失敗したらどうしよう」と考える方にとって始めやすい投資形態です。

クラウドファンディング型との違いは税金

アセットシェアリングは減価償却が適用されるため不動産税制が活用できるのが違い。

メリット

  • 不動産投資にまつわる実務を委託できる
  • 不動産投資に関する知識がなくても始められる
  • 確定申告などの手続きはインテリックスから送られてくる資料をもとに記入するだけ
  • 物件は都心を中心とした人気エリアに集中しており空室リスクが少ないので安定的な利益が見込める
  • 少額から始められるのでリスク分散できる
  • 物件の経年劣化の対応&住民トラブルはインテリックスが対応

リスク

  • 手元に残る利益は少な目
  • 元本は保証されない
    (不動産価格や家賃下落といった不動産市況の変動によって出資元本よりも低くなるリスクあり)
サラリーマン向けの投資商品

少額から始められる投資と管理の手間がかからない点で本業の有るサラリーマン向けの投資商品と言えます。一般的な不動産投資と比べてローンの負担が少なく、ローン完済までの難しい資金シミュレーションを行わなくてもいいので、不動産投資の知識がない初心者の方でも参入しやすいです。

アセットシェアリングは大きなレバレッジが効かないので大きなリターンは期待できませんが、安定的な運用が可能なので確かな利益を得たい方にも適している投資商品と言えるでしょう。

口コミや評判

【決算全文】インテリックス、18年は増収減益 アセットシェアリング好調も販管費・一般管理費増が響く(8940)https://t.co/lNctYwDDkq— ログミーファイナンス (@logmi_finance) July 16, 2018

いきなりマンションやアパート一棟の大家になるのは誰もが怖いので、不動産投資に興味がある人に対して、アセットシェアリングという名のもと、まずは小口でも「投資」というフェーズに身を投じてもらい、理解してもらって、アパート大家の購入客につなげるという戦略は見事だと思う。 https://t.co/ptOdaMyzG2— 坂根大介@イクラ (@ekusiaDenakas) November 26, 2017

TV見てたら「アセットシェアリング?誰や?あやしいな。インテリックスか」って印象になってしまうのは、みんなで大家さんがやらかしたせいでしょうか。— たにやん (@t_taniyan) March 27, 2017

avatar
REIBOX編集部
業績は堅調に伸びている(=利用者が多い)一方で「含み」の有る意見が多く考えさせられる金融商品と言えます。個人的には23区内の中古ワンルーム投資(管理業務は委託して)はじめた方が資産作りとして堅実な見込みではないか?と考えてます。

不動産投資のインテリックスとは?

元々は中古マンションのリノベーション販売が中心

(2019年2月末現在)累計で20,000戸以上のリノベーション施工・販売実績をもつ不動産会社。想の住まいを実現するため、不動産の仕入・設計・施工・販売・アフターサービス保証といった幅広いサービスを提供。

取り扱い物件例

会社概要

運営会社名株式会社インテリックス
URLhttps://www.intellex.co.jp/
本社所在地東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル11F
設立平成7年7月17日
代表取締役山本 卓也
資本金22億5,300万円
売上高369.8億円(2019年05月期)
社員数連結312名、単体219名 (2019年5月末現在)
免許[宅地建物取引業者免許] 国土交通大臣(4)第6392号
[不動産特定共同事業者許可] 東京都知事 第97号
上場有無東証1部
主な加盟団体一般社団法人 リノベーション協議会
公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
一般社団法人 不動産流通経営協会
一般社団法人 全国住宅産業協会
一般社団法人 不動産証券化協会
マンションブランドリノヴェックスマンション
サービス領域中古マンションのリノベーション
提供サービス不動産売買・不動産賃貸業・不動産コンサルティング

※2019年10月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。